女性ホルモンについて

女性ホルモンといえば、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

女性らしい身体を作るエストロゲンは、生殖機能だけでは無く、血管や血液、骨や皮膚、筋肉、脳など全身の働きにも深くかかわっています。

プロゲステロンは、妊娠が継続するように作用するホルモンで、エストロゲンとともに月経周期を司っています。

エストロゲンの分泌量は、年齢によって変化して、女性の身体をコントロールする働きがあります。

一般的には40代からエストロゲンが減少してきますが、最近だと20代や30代とエストロゲンが最も多いはずの世代にもかかわらず、エストロゲンの量が減っている若い女性も見られることが、多く見受けられるそうです。

原因は解明されていませんが、ストレスや無理なダイエット、過度なスポーツ、喫煙習慣などの影響によるものでは無いかと考えられています。

閉経後と同様に、低エステロゲン状態が長く続いてしまうと以下のような病気の原因を作りかねません。
エストロゲンが、減ったままにしておくと重大な病気の引き金になってしまいます。

骨粗しょう症
脂質異常
動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞

エストロゲンは女性にとって減少したままの状態が長く続いてしまうと、このように様々な病気や不定愁訴の原因になることがあります。

深刻な状態になる前に、生活習慣の見直しをおススメいたします。

女性ホルモンといえば、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

女性らしい身体を作るエストロゲンは、生殖機能だけでは無く、血管や血液、骨や皮膚、筋肉、脳など全身の働きにも深くかかわっています。

プロゲステロンは、妊娠が継続するように作用するホルモンで、エストロゲンとともに月経周期を司っています。

エストロゲンの分泌量は、年齢によって変化して、女性の身体をコントロールする働きがあります。

一般的には40代からエストロゲンが減少してきますが、最近だと20代や30代とエストロゲンが最も多いはずの世代にもかかわらず、エストロゲンの量が減っている若い女性も見られることが、多く見受けられるそうです。

原因は解明されていませんが、ストレスや無理なダイエット、過度なスポーツ、喫煙習慣などの影響によるものでは無いかと考えられています。

閉経後と同様に、低エステロゲン状態が長く続いてしまうと以下のような病気の原因を作りかねません。
エストロゲンが、減ったままにしておくと重大な病気の引き金になってしまいます。

骨粗しょう症
脂質異常
動脈硬化
心筋梗塞
脳梗塞

エストロゲンは女性にとって減少したままの状態が長く続いてしまうと、このように様々な病気や不定愁訴の原因になることがあります。

深刻な状態になる前に、生活習慣の見直しをおススメいたします。