DNAによる肥満傾向

肥満の傾向にはDNAが大きく関係しているそうです。 肥満遺伝子を大きく「内臓脂肪型=りんご型」「皮下脂肪型=洋なし型」「やせ型=バナナ型」の3つ。 フルーツに別けて書いたのは、それぞれのフルーツの形状のように別けたものです。 ≪リンゴ型≫ 内臓脂肪がつきやすく、お腹周りが出っ張った「リンゴ型肥満」になりやすい ≪洋なし型≫ 下半身を中心に脂肪がつきやすい「洋なし型肥満」になりやすい ≪バナナ型≫ 脂肪がつきにくく、やせてひょろっとした「バナナ型」 <リンゴ型> 日本人の約34%がこのタイプです。 糖質を過剰に摂取すると、お腹周りに脂肪がつきやすい体質。 見た目は「ポッコリ」としたお腹が特徴。 リンゴ型の解消法は糖質制限を積極的に行うこと! 夕食だけ炭水化物制限するなど無理のない範囲で続けることが大切です。 運動は脂肪を燃焼させる有酸素運動を、1日当たり普段より30分多めに歩くことです。 <洋なし型> 日本人の約16%がこのタイプです。 脂質の代謝が低く、下半身に脂肪がつきやすい体質。 見た目は下半身が「どっしり」したのが特徴。 洋なし型の解消法は、脂肪分の多い食事を控えるのが基本ですが、脂肪を取るなら動物性脂肪より植物性脂肪を心がけることです。 動物性脂肪では、魚、鶏肉、獣肉の順に優先。 運動では有酸素運動に加えて筋力トレーニングに力を入れる必要があります。 <バナナ型> 日本人の約16%がこのタイプです。 筋肉がつきにくい体質。 サルコペニア肥満で、筋肉が減った分、脂肪がつきやすい。 バナナ型の解消法は、筋肉を増やす必要があるためタンパク質を積極的にとる必要があります。 運動では筋力トレーニングを重視し、筋力が増えると安静状態での消費カロリーが増えて、肥満予防が期待できます。