京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

市川市整体:アルカリ性食品で血液はアルカリ性にならない?

  • HOME
  • ブログ
  • 市川市整体:アルカリ性食品で血液はアルカリ性にならない?



アルカリ性の食品が身体にいいと思われている方は多いのではないでしょうか?
なので、必要以上に ”アルカリ食品といったものを摂取しないと・・・” 
意識されている方は少なくないと思います。

しかし、酸性とアルカリ性といったものは、ある程度体内で ”調整” といったことが出来るのです。
では、本当は何に気をつけたらいいのか?
今回は、この酸性とアルカリ性の誤解といったことを書かせていただきます。

酸性、アルカリ性というと、まずリトマス試験紙を思い出すでしょう。
青いリトマス試験紙が赤に変われば酸性、赤いリトマス試験紙が青に変わればアルカリ性、何も変わらなければ中性です。
「アルカリ性食品は健康によい」とか「酸性食品を食べると血液が酸性になる」などということを、一度は見聞きしたことがあると思います。

しかし、なんとなくもっともらしく聞こえるこのような説は、実は科学的根拠のない健康トリックだと言うことなのです。
そのカラクリを説いていきましょう。

酸性食品とかアルカリ性食品といって区別をしていると、食品そのものが酸性やアルカリ性であると思われています。
ところが実はそうではなく、食べ物を特殊な方法で燃やして残った灰を分析し、それぞれに区別しているのです。

それでは具体的に、そのような方法で食品を酸性とアルカリ性に区別するのでしょうか?
ニンジンを例にとって考えてみましょう。

まず、ニンジン100gを約500度で燃やして灰にします。
その灰を水を溶かし、ミネラル成分を検出します。

このミネラルの中でリン、塩素、イオウのように体内で酸性を示す成分と、ナトリウム、カリウム、マグネシウムのようにアルカリ性を示す成分のどちらが多いかで、酸性食品とアルカリ性食品に区別しているのです。
すなわち食べ物そのものの酸性、アルカリ性を測定しているのではないのです。

ニンジンやじゃがいもなどの野菜の多くは、燃やした後の灰にアルカリ性成分が多いのでアルカリ性食品、
マグロや鶏肉などの肉類の多くは酸性成分が多いので酸性食品とされています。
こういった測定方法が人間の身体にそのまま当てはまるものなのでしょうか?
これは、体内の反応を実験室の試験管内での燃焼に置き換えたトリックなのです。

まさか人間の体内が500度という高温になるはずがありません。
試験管内での反応と、人間の体内で起こる反応とは同じではありません。

また、アルカリ性成分の食べ物を食べたとしても、胃の中に入れれば胃酸のため、
すぐに酸性になってしまい、腸の中に入れば消化液の影響でアルカリ性になります。

酸性成分の多い食べ物でも同じことがいえます。
もし、アルカリ性成分が体内に多く吸収されたり、酸性成分が体内の多く吸収されたとしても、
体内で赤血球、肺、腎臓などが酸性、アルカリ性を調整して常にpHを保つようにしています。

そうなると嘔吐、利尿剤、ホルモン剤の副作用や、下剤、糖尿病、腎臓病などによって、
酸性血になりpHが下がり人間は死んでしまします。

体内の酸性とアルカリ性のバランスというものは、栄養というものでコントロールするというよりは、
普段からの生活習慣病というものに対して注意し、
”いい身体の状態を維持していく”といったこと目を向けた方が良いと考えます。