京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

市川市整体:脳内麻薬について

 

喜んだり、怒りまくったり、悲しみ落ち込んだり、テンションが激しく高くなったり、へこんでしまったり・・・etc。  
我々の精神状態は様々なアップダウンに見舞われています。

このような状態の時、脳内では天然の麻薬が分泌されているのです。
この脳内麻薬の正式名称は神経伝達物質といいます。
脳の神経細胞が作り出す化学物質で50種類以上存在すると言われています。

しかし、機能と働きが正確にわかったいるのは半分以下の20種類ほどです。  
さて、この脳内麻薬、基本的な働きは神経細胞を『興奮させる』ものと『抑制する』ものに大きく分けられます。
興奮作用のある主な伝達物質はノルアドレナリンとドーパミン、皆さんもよく御存知ですよね?  

ノルアドレナリンには気分を高揚させ活動的にする働きがあり、『やる気』を起こさせます。
驚きや恐怖を感じた時にも分泌され、戦うのか?逃げるのか?準備を整わせます。
ドーパミンは精神活動や身体の動きを活発にさせハイテンションな快感を生じさせます。  
抑制作用のある主な伝達物質はギャバとセロトニンです。

ギャバは神経細胞の興奮を抑え不安を鎮めていく作用があります。
一方セロトニンはノルアドレナリンドーパミンによる過剰な興奮を抑え、
リラックス状態に持っていくという作用があります。  

この他にマラソンランナー等スポーツ選手が競技時にハイテンションになる
ランナーズハイをもたらす物質として知られているのがエンドルフィンです。  

さて、これらの自然麻薬ですが、外からの多量な人口麻薬の摂取が行われたりすると
その分泌が減ってしまうと言われています。ということで精神薬物の摂取には熟考と注意が必要ですね!  
以下に主な自然麻薬(脳内物質)の分類と役割をまとめておきます。

参考にしてみてください! 

  • ドーパミン:行動を起こすときの動機付け、快感や喜びの感覚を引き起こす。
  • βエンドルフィン:脳内麻薬とも呼ばれ、多幸感や快感、強い鎮静作用がある。
  • ノルアドレナリン:不安や恐怖を引き起こしたり記憶、集中、覚醒に関与する。
  • アセチルコリン:神経を興奮させる作用があり記憶、学習、レム睡眠に関係している。
  • セロトニン:ドーパミンやノルアドレナリンの働きをコントロールし、精神安定させる。
  • ギャバ:神経の働きを鎮静し、不安や緊張、痙攣を鎮める。