京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

市川市整体:ひざの痛みの原因は様々

  • HOME
  • ブログ
  • 市川市整体:ひざの痛みの原因は様々

ひざが痛い方って多くは高齢の方をイメージされやすいかと思います。
実際に当店にひざの痛みで来られる多くの方はご高齢の方が多く見受けられます。

高齢の方における膝の痛みの原因の多くは加齢に伴う軟骨の減少と考えられてる方は多いかと思います。
実際に来店される方の多くは病院で検査され膝軟骨が薄いからと言われる方を多く見受けられます。

そもそも膝軟骨が減少で痛みを感じる方は多いですが、
膝の痛みの原因は軟骨の減少に伴うものだけではありません!

<実際には以下のような状態でひざに痛みを感じる方は多くいらっしゃいます>

①走ったり、歩いた際に膝に痛みを感じる
②階段の上りや下りる際に膝に痛みを感じる
③太ももやふくらはぎの筋肉が硬くこわばってる際に膝に痛みを感じる
④ベッドから起き上がるときや立ち上がる際に膝に痛みを感じる
⑤普段から姿勢が悪く片方にだけ重心が乗ってそちらの膝が痛く感じる

上記のようなパターンによるひざの痛みは、
腰椎、骨盤、股関節と関連筋の調整を行うと自然と痛みが緩和することが多いです。

但し、こういった筋骨格系のパターンに当てはまらない膝の痛みをお持ちになられる方がいます。
精神的にストレスを感じていたり、不安を多く抱えているときに膝に痛みを感じるという方もおられます。

こういったケースの方は、ストレスや不安から気持ちが沈み込み外に出るのも億劫になってしまい、
運動をしたり身体を動かすことをやらなくなることで、関節の機能が低下してしまい、
慢性的な膝の痛みを抱え込んでるタイプがいらっしゃいます。

特に現在のコロナ禍では不要な外出を嫌い、内にこもりやすくなってしまうことで、
今までより身体をうごかしていなかったり、動かしたくても動かせないことで、
膝の痛みとして問題が現れてこられる方がいらっしゃいます。

<膝関節をいたわるのではなく強化することが大切!>

よくCMで膝の痛みにはコラーゲン配合の〇〇サプリがお勧め!
などといった宣伝がされているのはご存知かと思います。

それは軟骨の主成分がコラーゲンとプロテオグリカンという主成分からできているからです。
コラーゲンは軟骨を硬めに保つ働きを行い、プロテオグリカンは水分を閉じ込める役割を担っています。

基本的に軟骨というものは、成長期に細胞が増殖しますが加齢とともに細胞が減少していきます。
但し、軟骨細胞は日常生活における対応次第で軟骨細胞を維持することは可能です。

その軟骨細胞には酸素や栄養を運ぶ血管が通っていないため、軟骨細胞は呼吸ができなくなることで、
軟骨細胞が死滅してゆきます。
それによって膝の軟骨が薄くなってきてクッションの役割ができなくなってくることで、
膝に炎症が起こってしまい、痛みを感じてしまうのです。

では、成長しなくなった軟骨細胞に酸素や栄養を送り込んで細胞の死滅をさせないためには、
軟骨のまわりの筋肉や血管に酸素や栄養を送り込むことで、
軟骨細胞に酸素や栄養を取り込むことが可能になります。

そのため加齢に伴う膝痛には適度な負荷を膝まわりの筋肉や血管に、
血液や栄養を送り込むための運動が必要になります。

基本的に膝が単体で痛みを生じることはありません!
膝の痛みが生じる前に、骨盤や腰椎や股関節に何らかの問題があることが多く、
膝の痛みの要因を解消してから、下肢や膝の調整を行うことが大切です。