京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

市川市整体:発熱は細菌やウィルスだけのせいではない!

  • HOME
  • ブログ
  • 市川市整体:発熱は細菌やウィルスだけのせいではない!

<熱は免疫機能の持つ生体防御反応>

風邪やインフルエンザを患うと身体は発熱して体調が悪くなる経験をされた方は多いことともいます。
体温が37.8℃を超えた!とりあえず「解熱剤」を飲めば楽になるだろうと!
でも、熱は下がったが風邪やインフルエンザは良くならず、
それどころか体調が悪くなってしまったという経験をお持ちの方はいらっしゃると思います。

風邪やインフルエンザを患った際の発熱は細菌やウィルスのせいではなく、
身体のもつ免疫機能による生体防御反応によって発熱をしているのです。

平熱で増殖しやすい細菌やウィルスを体温をあげることで増殖を抑えつつ、
発熱することで自信の免疫力を活性化し細菌やウィルスを抑制します。

そのため解熱剤を用いると熱は下がりますが同時に、
細菌やウィルスに対しても戦う力を奪ってしまうことになるためです。

但し、40℃を超えるような高熱は逆に身体に大きな負担を与え、
免疫力を下げることがあり、他の病を招くこともあります。

大の大人でも39℃を超えるような高熱が出た場合は、
身体に負担がかかりすぎているため、
迷わず解熱剤を使った方が病から回復するため、
解熱剤を使ってはいけないというわけではありません。

しかし、解熱剤を飲んで熱が下がったから病が良くなったと勘違いをしてはいけません。
細菌やウィルスはまだ体内に残っており、その状態で仕事場や学校に行くと、
病原菌をまき散らす「スーパー・スプレッダー」になっているかもしれません。

特にコロナ禍の今自分の体調に少しでも疑問を持ったら、保健所に相談の上病院へ行ってください。

ちなみに、自然療法を是としている身として、よくお客様から薬って身体によくないし、
免疫力をつけてれば大丈夫でしょ!?との質問を受けますが、
まず、お身体に何か問題を感じると思ったら病院へご相談ください。


モノによりますが、ちゃんと処方された薬も先生に言われたとおりに飲むことを私は勧めます。
そのうえで、身体の調子が戻らないなどあればご相談ください。

時折、勘違いをされたお客様が当店で薬を処方できると勘違いされていますが、
当店は整体院ですので、薬の処方はできません!
医療機関でなければ薬の処方はできないのです!
ちなみに接骨院も針きゅうもできません!

あ、でもあくまで個人的な見解ですが精神科の安定剤などは飲まん方が良いかと、、、