京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

カフェインとの上手な付き合い方

 

正直なところ私は、カフェインジャンキーかもしれません。
タバコは吸わないのですがコーヒーは施術中以外はずーっと飲んでる感じです。

施術の合間にコーヒーをポットに入れては合間に飲んでるので、
一日平均6杯ほどですが多い時には15杯近く飲んでいることもあります。

カフェインは集中したいときやリフレッシュしたいとき、
仕事や家事で頑張りたいときなど効果的なため個人的には手放せません。
また、コーヒーの香りに癒されます。

一方で体調や体質によってはカフェインを控えたい場合もあります。
胃もたれしているときなどにカフェインを摂取すると、
胃酸の分泌を活発にしてしまうため、胃を荒らしてしまいやすくなります。

胃の調子が悪いときは普通に水を飲めばよい、
どうしてもコーヒー飲みたい方はミルクを入れるなどすると、
ミルクにより胃の粘膜を守る効果があり、胃酸過多の影響を受けにくくはなります。

あと、カフェインの影響としては
睡眠に影響を及ぼしたり、冷えやすくなったり、きになる方は控えたほうがよいでしょう。
それでも飲みたい方は「デカフェ」「ノンカフェ」をチョイスされるのがよいかと。
私も飲んでみて、おいしいノンカフェのコーヒーあったりします。

ちなみに、妊娠中や授乳中のお母さんは「ノンカフェ」にされたほうが良いです。
あと、就学前の子供たちも飲まないほうが良いかと思います。

お母さんがカフェインを摂取すると赤ちゃんにも影響を及ぼすからです。
また、カフェインは胎盤に流れる血液の量を減少させるため、
赤ちゃんに様々な影響を及ぼす可能性もあり、流産のリスクも高まるため、
妊娠中は飲まない、授乳中も赤ちゃんに影響するので飲まない。

子供に飲ませないほうが良いのは、成長段階で重要な睡眠阻害です。
未就学児は完全にNG、就学時でも成長段階途中なので、あまり飲ませないほうが良いです。

ま、私のように成長が終わり坂を下る段階になったらな気にせずに好きなだけ飲ませていただきます。