京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

市川市整体:心的外傷後のストレス症候群

  • HOME
  • ブログ
  • 市川市整体:心的外傷後のストレス症候群



<心的外傷後のストレス症候群PTSDについて>

心的外傷後のストレス症候群PTSD(Post-traumatic stress disorder)とは身体的にあるいは精神的に極めて大きなショックやトラウマを受けたストレス障害あるいは情緒障害のことです。

ツライ症状や病気といった問題は過去に経験したショックやトラウマといった根底に隠されている場合があります。

人は様々なストレスに対して対処するさまざま能力がありますが、その人によってストレスに対しての耐性は事なってきますし、原因も様々で一つとは限らない場合がほとんどです。

一般的な医療におけるこれらの診断は症状や単一の悩みといったバラバラの問題に薬物などによる対処療法だけで、ホリスティック(全体的)にアプローチされないため、短期的にはそれなりの効果をだせますが、根治することが難しく長期的に薬物のお世話になり、副次的問題が生じることもあります。

そのため、根底にある原因を解消しなければ、これらの症状は後々に違う形となって、症候群となって再び表れることになります。

 

<心的外傷後のストレス症候群の代表的な症状>

恐れや不安感
頭痛や吐き気
めまいや耳鳴り
パニック発作
胃痛や消化機能の問題
心臓病
不眠症 など

 

これらの症状は過度の不安やストレスといった緊張状態が続いたことにより身体に蓄積され、その人のキャパシティーをオーバーした際に現れてきます。

症状を薬物といったもので蓋を閉めて押さえつけて永続的な過剰反応を起こすのではなく、神経系や組織系に及んでいる緊張を緩和させて、自身の自然治癒力を向上することで、症状を克服することのほうが有効です。

 

<子供のショックとトラウマ>

まだ生まれていない赤ちゃんも実はお母さんのおなかの中にいる時でも、自分自身の感覚で感じたり、お母さんの感情や周りの環境をホルモンを通じて感じ取ることが出来るといわれています。

人は生まれる前からも様々なストレスを受け続けており、ストレスに対して自分自身で対処できる能力を身につけることと、ストレスと上手に生活をすることが重要です。

そのため、小児や子供の「発達障害」の原因である先天的・後天的トラウマを早い段階で解消することで、今後の健康的な成長の助けとなります。

現在、「心的外傷ストレス障害PTSD」と診断を受け薬物による症状に対して蓋を閉めるだけの対処療法から脱却してみたいと思われたら、一度ご相談下さい。

薬物に頼らないもしくは薬物を止められないでも減らすことで、副次的反応を軽減して健康的な生活ができるようになっていただければと思います。

[口周りの吹き出物は身体からのシグナル!]

口の周りに吹き出物がでる原因は内臓からのシグナル!

身体の中にある内臓に問題があるシグナルとして、口の周りに吹き出物が出やすくなることがあり、特に胃や腸が荒れているときに現れやすい。

「肌荒れは内臓からの危険信号」

と昔から言われているように、特に口周りに何らかの皮膚トラブルがあれば内臓を疑ってみることが大切です。

もし、慢性的に口の周りに繰り返し吹き出物が出るような状態が続いていれば、胃や腸も慢性的にあれている兆候といえます。
口の周りの吹き出物と、慢性的な胃もたれもしくは下痢があればほぼ完ぺきです。

暴飲暴食をして胃に負担をかけていたり、ストレスによって胃腸の働きが低下していることも考えられます。
胃や腸の不調が続いてしまうと肌荒れだけでなく、次第にうつや生活習慣病といった重度な症状を誘発してしまう恐れがあるため、早い段階に改善することが大切です。

 

<胃や腸が荒れる原因>

1、暴飲暴食
胃や腸に負担をかけないバランスの良い食生活を心がけることが重要。

2、極度の偏食
仕事が忙しくて、なかなか食生活のバランスまで考えられない場合、サプリメントを用いて不足気味の栄養素を補てんするの必要です。

3、精神的ストレス
精神的ストレスは個々人で違うので、簡単に取り除くのは難しいかもしれませんが、適切な生活習慣を心がけ、リラックスした時間を取るようにすると良いです。

4、運動不足
運動不足は身体に不要な老廃物質を溜めてしまいますので、適度な運動を行い身体の代謝機能をアップさせます。
代謝=デトックスです。

以上のような、自分でできることを行っているのに口の周りに吹き出物が慢性的に出て続く場合、「身体的調整」が必要な場合があります。
その際はご相談下さい。

 

これらの症状について詳しくは以下をクリック

心的ストレスに効果的な施術方法