仙腸関節由来の腰痛

 

暇なときに整形外科の先生の最新論文などで興味のありそうな記事を見つけると読ませて頂くことがあります。

その中で、腰痛治療専門の先生が「【本当に仙腸関節の痛みはあるのか】 との疑問を持つ医療者の気持ちがよく理解できる。」との記載がされていました。
確かに、整形外科の先生の中では仙腸関節は動かない不動関節というのが定説とされていたために、「身体表現性疼痛障害と診断治療」をされていた事例もあったそうです。

仙腸関節障害の場合、レントゲンやMRIでは仙腸関節に異常があるかわからないため異常がないと言われてしまうことがあるそうです。

確かに画像だけの診断だけだと難しいかもしれませんが、仙腸関節に問題があるなら骨盤全体をレントゲンで撮影すれば左右で骨盤の大きさなどが違うので、ある程度の辺りはつけられるはずなんですが、骨盤全体を撮ることがないからなのかと推察します。

当院に腰が痛いと話されて来院される患者さんから、整形外科さんで撮ったレントゲン写真見させて頂いても仙腸関節や腰仙関節や脊柱の写真はあっても骨盤全体の写真などは見たことがないです。

カイロプラクティックやオステオパシーといった手技をメインとした施術をする私にとっては来られた患者さん全ての方の仙腸関節のゆがみは必ず検査させていただいてるため、そこに対してのアプローチを今までしてこなかったというのは考え方の違いですが、勿体が無かったと思う次第です。

簡単に患者さんに立位の状態から前屈・後屈・左右の側屈・左右の回旋などの動きをしていただいて痛みのあるポイントってあるわけで、それでお尻の辺りに痛みが出るようなら仙腸関節由来の腰痛かもと思っても良いかもしれません。
※実際の施術ではこんな極論では限定いたしません。静的・動的・反射テストや筋力テストなどを踏まえたうえで腰痛の原因を探します。

カイロプラクティックやオステオパシーは100年以上の実績をもって仙腸関節の矯正を手技でもって行っています。

仙腸関節由来の腰痛かな?と思ったらご相談いただければ幸いです。
ほとんどの仙腸関節由来の腰痛であれば1~3回ほどの施術で痛みは感じにくくなります。

[好転反応は起こります]

施術させていただく前にも後にも説明をさせていただいていますが、「好転反応」は出ます。

整体を受けると「好転反応」というものが起こります。
好転反応で起こるものとして以下のようなものでしょうか?

1、身体が楽になる
2、姿勢が良くなる
3、だるくなったり
4、眠くてたまらなくなったり
5、痛くなったり
6、今までになかったような症状を感じる

といった視覚的、動的、感覚的変化が出る反応です。

もちろん、施術を受けられた方で変化を何も感じない方もおられます。

何でもかんでも感覚的変化が起これば良いのかというものではありません。
しかし、施術を受けられた方の身体には確実に刺激が入り、
身体が良くなろうとする変化が施術直後より、時間経過とともに出てきます。

その変化によって痛かった症状が何ともなくなったり、
動きの悪かった動作が動かしやすくなったりと、
施術を受けられた方の体調にもよりますが現れます。

また変化の度合いも人によって変わりますし、
感じ方も同様に人によって全く違います。

術前術後でものすごい変化していても、全く違いがわからない方もいます。
※逆にちょっと変化でも驚かれる方もいます。

実は、パフォーマンスを患者さんに提供する整体院さんは多いと思います。
さっきまでは全然動かなかったのに、こんなに動くようになりましたね!
スゴイでしょ!的に変化を強調される手法です。
そういったサプライズを提供するのが大切と教わったからでしょう。
実際私も必要に応じて行うこともあります。

但し、びっくりパフォーマンスだけの整体院は良いとは思いません。

施術後に身体の変化をその場で感じなくてもそれは悪いことではありません。
変化を実感していただくために施術させていただいてるわけではありません。
基本的に整体の目的は、身体の問題点を修正することが大切であると思っています。

整体を受けて、身体が良くなろうとする過程で、
好転反応という反応が出ることがありますが、
あくまで一時的なもので、半日~1日ほどで解消されます。

暇なときに整形外科の先生の最新論文などで興味のありそうな記事を見つけると読ませて頂くことがあります。

その中で、腰痛治療専門の先生が「【本当に仙腸関節の痛みはあるのか】 との疑問を持つ医療者の気持ちがよく理解できる。」との記載がされていました。
確かに、整形外科の先生の中では仙腸関節は動かない不動関節というのが定説とされていたために、「身体表現性疼痛障害と診断治療」をされていた事例もあったそうです。

仙腸関節障害の場合、レントゲンやMRIでは仙腸関節に異常があるかわからないため異常がないと言われてしまうことがあるそうです。

確かに画像だけの診断だけだと難しいかもしれませんが、仙腸関節に問題があるなら骨盤全体をレントゲンで撮影すれば左右で骨盤の大きさなどが違うので、ある程度の辺りはつけられるはずなんですが、骨盤全体を撮ることがないからなのかと推察します。

当院に腰が痛いと話されて来院される患者さんから、整形外科さんで撮ったレントゲン写真見させて頂いても仙腸関節や腰仙関節や脊柱の写真はあっても骨盤全体の写真などは見たことがないです。

カイロプラクティックやオステオパシーといった手技をメインとした施術をする私にとっては来られた患者さん全ての方の仙腸関節のゆがみは必ず検査させていただいてるため、そこに対してのアプローチを今までしてこなかったというのは考え方の違いですが、勿体が無かったと思う次第です。

簡単に患者さんに立位の状態から前屈・後屈・左右の側屈・左右の回旋などの動きをしていただいて痛みのあるポイントってあるわけで、それでお尻の辺りに痛みが出るようなら仙腸関節由来の腰痛かもと思っても良いかもしれません。
※実際の施術ではこんな極論では限定いたしません。静的・動的・反射テストや筋力テストなどを踏まえたうえで腰痛の原因を探します。

カイロプラクティックやオステオパシーは100年以上の実績をもって仙腸関節の矯正を手技でもって行っています。

仙腸関節由来の腰痛かな?と思ったらご相談いただければ幸いです。
ほとんどの仙腸関節由来の腰痛であれば1~3回ほどの施術で痛みは感じにくくなります。

[好転反応は起こります]

施術させていただく前にも後にも説明をさせていただいていますが、「好転反応」は出ます。

整体を受けると「好転反応」というものが起こります。
好転反応で起こるものとして以下のようなものでしょうか?

1、身体が楽になる
2、姿勢が良くなる
3、だるくなったり
4、眠くてたまらなくなったり
5、痛くなったり
6、今までになかったような症状を感じる

といった視覚的、動的、感覚的変化が出る反応です。

もちろん、施術を受けられた方で変化を何も感じない方もおられます。

何でもかんでも感覚的変化が起これば良いのかというものではありません。
しかし、施術を受けられた方の身体には確実に刺激が入り、
身体が良くなろうとする変化が施術直後より、時間経過とともに出てきます。

その変化によって痛かった症状が何ともなくなったり、
動きの悪かった動作が動かしやすくなったりと、
施術を受けられた方の体調にもよりますが現れます。

また変化の度合いも人によって変わりますし、
感じ方も同様に人によって全く違います。

術前術後でものすごい変化していても、全く違いがわからない方もいます。
※逆にちょっと変化でも驚かれる方もいます。

実は、パフォーマンスを患者さんに提供する整体院さんは多いと思います。
さっきまでは全然動かなかったのに、こんなに動くようになりましたね!
スゴイでしょ!的に変化を強調される手法です。
そういったサプライズを提供するのが大切と教わったからでしょう。
実際私も必要に応じて行うこともあります。

但し、びっくりパフォーマンスだけの整体院は良いとは思いません。

施術後に身体の変化をその場で感じなくてもそれは悪いことではありません。
変化を実感していただくために施術させていただいてるわけではありません。
基本的に整体の目的は、身体の問題点を修正することが大切であると思っています。

整体を受けて、身体が良くなろうとする過程で、
好転反応という反応が出ることがありますが、
あくまで一時的なもので、半日~1日ほどで解消されます。