京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

内臓調整法

  • HOME
  • 内臓調整法

内臓の整体:内臓調整法

当センターの『内臓調整』に用いる手法は基本的にオステオパシーの『内臓調整』を基本とした調整法を行います。

内臓調整というのは、元々は、オステオパシー創始者アンドリュー・テイラー・スティル(Andrew Taylor Still)が行なっていたとされるテクニックです。
しかし、オステオパシー本家のアメリカでしたが、オステオパシーが発展することで、忘れ去られてしまったテクニックでした。

それを、フランスのジャン=ピエール・バラル(Jean-Pierre Barral)D.Oが再び研究しなおし、改めて構築したものです。
チェック法は、様々な姿勢による「傾聴」という方法で、筋膜が制限し問題のある部位を探し出します。
制限し問題のある内臓に付着し覆っている筋膜などの結合組織に対してアプローチを行っていきます。

例えると、腎臓を覆う筋膜と腰周囲のにある筋肉(大腰筋)と筋膜で密接に結合しているため、腎臓周囲の筋膜が緊張してしまうと、「腰痛」という問題として現れてくることが考あります。
そのため、内臓の要素は身体に与えるファクターとして非常に重要なのです。
このような内臓に対するアプローチが、オステオパシーの内臓調整というものです。
内臓調整の考え方は、健康な器官や内臓は決まった生理運動をするというものです。

内臓の生理運動には、2種類あります。

  • 呼吸時や運動時の、横隔膜の動きと連動する動き(mobility 内臓可動力)。
  • 内臓それぞれが、各々にもっている内臓固有の動き(motility 内臓自動力)。

正常な内臓ならば、1分間に7~8回、生理的な運動をします。
そのため、内臓の動きは制限を受けずに正しく動かなければならないが、なんらかの問題によって、本来の動きを損なってしまうと、1日だけでも、何千回も正しくない動きをすることになってしまいます。

このような状態が長期間続いてしまうと、内臓に負担が及んでしまい何らかの問題が生じる可能性が出てきます。
そのためには、内臓調整を行うことで、本来の生理運動を回復し、従来の健康な状態を維持しやすくなります。

内臓の調整方法

内臓調整法には様々な手法があります。

「直接的」に臓器の付着部である筋膜を緩める方法。
制限のある内臓の筋膜に対して直接的に刺激を加えるため、調整方法は当センターの用いるテクニックで一番痛さを伴う手法ですが、効果が非常に高い手法です。

「間接的」に臓器の付着部である筋膜を緩める方法。
制限のある内臓や筋膜に全体に対して動きを感じ取り、間接的に動かすテクニックですので、直接的と違い痛さは基本的に無いテクニックです。

「リンパ反射」を用いて内臓の活性化を図る方法。
制限のある臓器の関連する反射ポイントに対して、刺激を加えることで、リンパの循環を活性化し、さらに自律神経系を通じて内臓の活性化を図るテクニックです。

人によってはかなりの痛さを伴いますが、非常に効果の高いテクニックです。

内臓の調整方法

お問い合わせ

TEL047-336-5679

内臓調整法とは何か、効果が期待される循環器系や消化器系、呼吸器系の症状、内臓の調整方法についてご紹介しています。

オンライン予約