頭蓋仙骨療法

  • HOME
  • 頭蓋仙骨療法

頭の整体:頭蓋仙骨療法

頭蓋仙骨療法

頭蓋仙骨療法はクラニオセイクラルセラピーとも呼ばれています。
理由は簡単なのですが、クラニオとは頭蓋骨、セイクラルとは仙骨という意味です。
頭蓋仙骨療法とは、名前のまま手技で頭蓋骨から仙骨までを調整をする手技療法で、オステオパシーの医学博士あるウイリアム・サザーランド博士(Dr. William Sutherland D.O)により開発された手技療法です。
頭蓋仙骨療法を説明する際、脳脊髄液の循環の活性化による自然治癒力の向上というのもが一般的に多い抽象的説明が多いかと思われます。
確かにそのとおりであり神経系や内臓系の多くの問題を引き起こす原因として脳脊髄液の循環不良によるためです。
ただし、自然治癒力や循環と説明すると単なるエネルギー系と勘違いされることが多いのですが、本来はメカニカルな構造学的見地から頭蓋骨を適切に調整して改善を図る方法です。
単なるリラクゼイションではない、本当の自分自身を取り戻すことへの可能性を感じていただければ幸いです。

施術効果が期待される症状(頭蓋)

  • ストレス障害:不眠症、イライラなど
  • ホルモンのアンバランスによる症状:生理不順など
  • 呼吸運動低下による慢性的な疲れ
  • 自律神経失調症やうつ症状
  • 肩・腰・頭などの慢性的な痛み
  • 視覚・聴覚障害
  • 顎の機能障害など
  • 慢性的な顔のむくみなど
  • 妊娠と出産
  • 子どもの施術

脳脊髄液の流れを整えることで免疫力を向上させ、心身をより健康・健全な状態へと導いていくものです。わかりやすくまとめてしまうと、頭蓋骨と仙骨を通じ、体内の水圧を調整することで身体の不調を解除する技術と捉えていただければよいかもしれません。
特に、蝶形骨に問題があると脳下垂体ストレス生じてしまいホメオスタシス(生体恒常性)が損なわれてしまいます。
ホメオスタシスは「自律神経」「内分泌」「免疫」のバランスを整える重要な役割を担っており、そのため蝶形骨に問題が生じると様々な症状に影響を及ぼしてしまいます。

施術効果が期待される症状(頭蓋)

頭蓋の調整方法

クラニオ(頭蓋骨)施術は当院が院長の得意とする施術方法のひとつで、施術自体は知る限りでは最もソフトな手技です。実はソフトな力加減(約5g~10g)による調整でないと頭蓋骨は動かないのです(強い力に対して身体が防御反射を起こすためです)。
その場ですぐに楽になったと感じる場合もありますが、2~3日経って「そういえば」と気づくということも多いようです。
これは一時的なものではなく、本来の 治癒力が高まったことを意味しています。
また、施術中は起きているような眠っているようなフワフワした心地の良い緩み感を体感していただけます。
ストレスなどによる緊張は特に和らぎます。
また、施術後に帰宅していただいた際に極度の眠気を感じる方もいらっしゃいますが、その反応は施術の効果が出ている証拠です。
安心してそのまま少しお休みいただいたほうが、回復も早くなります。

頭蓋の調整方法