京成本線 京成中山駅3分
中央・総武線 下総中山駅4分
千葉県市川市高石神33-14 1階
平 日 9:00~13:00/14:00~20:00
土曜日 9:00~13:00/14:00~17:00
日曜日 9:00~13:00
TEL
047-336-5679

市川市整体:腸の環境を整える

 

<腸内バランスを考えた食事が大切>
腸内の環境バランスを整えるには、まず一番大切なのは食事であるのは間違いありません。
では、腸内環境を整えるにはどのような食品を摂取することが良いのか!
ポイントは3つ、それについて紹介させていただきます。

1、プロバイオティクス

簡単に言えば腸内細菌の働きを良くしてくれる「酵母」です。
プロバイオティクスが多く含まれる食品は、「発酵食品」です。
ヨーグルト、味噌、キムチ、納豆、甘酒、乳酸飲料といったものが、パッと頭に思い浮かぶかと思います。

味噌を使ったお味噌汁は、個人的にもおすすめです。
特にこの時期に、朝食で暖かい具沢山味噌汁なら、多くの栄養素も摂取でき、冷えた身体も温まり、目も覚めやすく、一石四鳥。

2、プレバイオティクス

プロバイオティクスとプレバイオティクスでは字が似通ってよくわかりにくいのですが、
腸内細菌をよく働かせるためのエサとなり、細菌の増殖を促してくれるものです。

そのため、プレバイオティクスを多く含んだ(「食物繊維」や「オリゴ糖」)食品の摂取が大切。
特に、食物繊維は腸内のお掃除をしてくれる役目もあり、腸内環境の環境改善には絶対に必要。

個人的には具沢山味噌汁に食物繊維の多く含まれたゴボウなどを入れるのがおすすめです。

3、できるだけ避けたほうが良い食品

良い食事をしていても、その努力を無駄にしてしまう食品というものがあります。
美味しいのですが「脂っこい食品」や「甘いもの」あとついつい手が出てしまう「スナック菓子」などの、
脂質が多くて食物繊維の少ない食品です。

この、脂質が多くて食物繊維の少ない食品は基本的に悪玉菌が好物となるものなのです。
そのためこういった食品を多く摂取すると、悪玉菌が増えて腸内環境を悪くします。

<生活習慣から腸内環境を整える!>
食事以外でも腸内の環境を良くすることができます。
それは、腸の働きをコントロールしている自律神経のバランスを整えることと、適度な運動です。

◉自律神経のバランスを整えるには

1、毎日充分な睡眠をとる
自律神経は交感神経と副交感神経のバランスよく働いていることで、身体の恒常性が保たれています。
このバランスが崩れてしまうと、腸の活動状況も悪くなり、消化吸収がうまく働かず、便秘や下痢といった症状を引き起こしやすくなります。
睡眠不足はこの自律神経の乱れに直結する行動であるため、適切な睡眠時間を毎日取ることがとても大切になります。

2、精神的なストレスや慢性疲労を解消する
腸は第二の脳と言われるくらい、精神と密接に関わります。
疲労やストレスから身体を守るための防御反応が働き、下痢や便秘の頻度が高まり腸環境を悪くするためです。

◉運動やマッサージによ腸バランスコントロール

1、座った状態でお腹をサスって、固かったりする部分があったらそこの部分を痛すぎないレベルで軽く圧迫して、深呼吸してから息を吐きながらお辞儀をしていく。
このポイントは、軽く圧迫したポイントを外さない、1回目の深呼吸からゆっくりとした息の吐き出しが終わったら、2回目、3回目と続ける。
何回か繰り返すごとに、固くて緩まなかったポイントが、徐々にゆるくなっていきます。
注意として、「痛すぎたらやらない」「強すぎる力でやらない」。

2、「1」の圧迫呼吸法が痛くて無理な方は、おへそを中心に片手を当ててその上からもう片方の手を当てた状態から、「時計回り」に掌をゆっくりと回して表面の皮膚を動かすようにマッサージする。